pocoの人生奮闘記

poco人生の奮闘を綴ったブログです。このpoco野郎!(笑)

幸せな夜に

今宵はなんだか調子が良いので、blogに残しておきたいと思います(*^_^*)

 

でもなぁ さっき、散々Twitterでツイートしてしまったからなぁ・・・

吐き出しちゃったので、覚えてるかどうか不安です(笑)

 

まぁ 大事なことは、今宵がとても幸せに包まれていること。

 

この20年を思い出しました。

 

すると、現状がどれだけ楽で幸せな毎日なのか、判りました。

 

詳しくは控えますが、ほんと苦労苦労の連続であった20年でした。

 

昔に比べてみると、今はほんと幸せな毎日です。

 

だって、1日4時間働くA型での給与と年金で、ちゃんと暮らせていけるんですよ!

 

昔を思い出すと、もう考えられませんよ・・・

 

こんなに安定した日々が来るとは・・・

 

今も自宅のPCの前で、夏の音楽を聴きながら、このBlogを書いてます。

 

信じられません。

 

僕は30過ぎて統合失調症になり、40過ぎて障害者になりました。

 

傍から見ればどん底の様な状況かもしれません。勿論、自分でもそう思ってました。

 

でも、今宵は何故か、過去の20年を冷静に振り返ることが出来ました。

 

今では考えられない程、苦労してました。

 

ようやく安定した毎日が手に入ったんだなぁって実感しました。

 

やっぱり、その道のプロの言うことをちゃんと聞いて、実行することが重要なんだと思います。

 

今が苦労した20年のご褒美で、一時の安息なのかもしれません。

 

それでも、僕はこの安息の日々を、もう少し味わいたいと思います。

 

働いて、人より多めの余裕があって、夜には家cafeしながら大好きなTwitterやって、プカプカやりながら夜が更けて、また明日会社に行って・・・

 

そんな日々が、もう少し続けばいいなぁって思ってます(*^_^*)b

 

僕は波が結構激しい方なんだと思います。

 

きっとまた、TwitterやBlogで、「俺は不幸だ!」「俺は全く報われなかった!!」って喚き散らす時があるでしょう(笑)

 

でもね、今日このBlogを書いたのは、そんな中でも、こんなに幸せな夜があったことを記録しておきたかったからなんです。

 

ほんとに穏やかで幸せな夜でした。

 

今日という日に感謝します(*^_^*)

 

poco

身体の声

こんばんわ(*^_^*) pocoです。

 

今日は久し振りに昔の感覚を思い出しました。

 

それは身体の声に耳を傾けること。

 

別の言い方をすると、身体の信号に意識を向けること。

 

すると、不思議なことが起きました。

 

過食気味の食欲やタバコへの欲求が激減しました。

 

どうやら常軌を逸した過食や、毎日40本もタバコを吸っていたのは、頭を使って生きていたからの様です。

 

その昔、僕は頭なんて一切使ってませんでした(笑)

 

全ては感覚。感覚だけで物事を判断しており、勉強なんて全然出来なかったのに、世渡りだけは完璧でした。

 

そんな僕が、社会人になってから、これではいけない!と勘違いして、頭をフル稼働する様になりました。

 

もともと頭なんて使ってなかったし、悪いし弱いし(笑) その頭だけを使って生きていこうとしたもんだから、頭が壊れてしまったんですよねぇ

 

勿論、頭を使うことも必要です。

 

でもね。物事にはバランスってもんがあるんですよ(笑)

 

心技体とはよく言ったもので、このバランスが重要なんです。

 

心は精神、技は頭脳、体は身体。

 

このバランスが崩れると、精神病になったり、極度の肥満になったりするんじゃないでしょうか?

 

あと、今日思ったのですが、心技体って何故かそれらを鍛えるという発想が抜本的に根付いています。僕だけかな?

 

でも、ちょっと違う気がするんですよねぇ・・・

 

結果的には鍛えることに繋がるのですが、なんというか、大前提として、心技体に意識を向けることが入口なんじゃないですかね?

 

だから、頭だけで考えて、闇雲に弄繰り回したり、乱暴に鍛えるのは、返って逆効果な気がします。

 

優秀な人とは、心技体の声や信号を、正確にキャッチ出来る人なんじゃないですかねぇ・・・? 優秀というか健康というか健全というか・・・

 

なんだかそんな気がしてます。

 

僕は30歳の時に統合失調症を発症しました。

 

原因は色々ありますが、やはり頭で生きていたからの様に思います。

 

もっともっとバランスを大事に。

 

これからの人生は、良くも悪くも大きな起伏が無いと思います。

 

それならば、もう安心して心技体の自分の声に耳を傾けて生きてみたいと思います。

 

長々と綴りましたが、僕の言いたいことは伝わりましたでしょうか???

 

上手く表現出来てるか心配ですが、なんだかとても大切なことに気が付いたと思ってます。

 

僕のこの気付きが、皆様の毎日を少しでも楽に、幸せに出来たらなぁと思いました。

 

ま、楽にいきましょうよ(笑)

 

散々ジタバタしてきました(*^_^*)

 

もう一生分ジタバタしたと思ってます。

 

なので、後は落ち着いてバランスを大切にして、毎日を少しでも楽に幸せに生きてみたいと思います。

 

それでは、皆様が幸せであります様に!(*^_^*)ノシ

 

poco

解き明かされた仕組み

あ~あ

 

ついに解き明かしてしまったよ・・・

 

この世界の仕組みを。

この世の中の摂理を。

この人生のテーマを。

 

前前前世とはよく言ったもんだねぇ

 

俺が生まれ持って特別だったのは、そのテーマが重過ぎたからだ。

 

何故俺以外の全員が俺の事を、この先のことを知っているか不思議だった。

 

繰り返しなんだな。

 

取りこぼしのテーマ。

 

だから何度も人生を送らなきゃいけなくなる。

 

俺は何も背負わなかったのか、それ自体が人より重かったのか・・・

 

テーマを片付けた人間は、結婚をし子供をもうけて、この輪廻に終止符を打つことになる。

 

しかし、俺は特異だった。

 

そもそもが背負っていたものがこの世の支配であり、この時代にそぐわないものであり、それは何も背負ってないことであり・・・

 

昔は何でも知ってたなぁ

 

俺は大分頭が悪くなった(笑)

 

でも、これ自体が俺のテーマだったのではないか?

 

自分自身でこの世の摂理を、この世の仕組みを解き明かすこと。

これこそが、何も持たざる者の背負ったテーマだったのではないか?

 

だとすれば、今の俺の現状も頷けるものだろう。

 

俺はもうお役目ごめんだよ。

 

自分のテーマは果たした。

 

人間が背負って生まれてくる大きなテーマは一つくらいなもの。

 

でもね。俺みたいにこの世の摂理を解き明かした者には、テーマを終わらせたものには、一言で良いから言って欲しいことがある。

 

お疲れ様でしたと。

 

皆、自分の背負った宿命のテーマを解決する為に、必死で勉強し、必死で努力して、そして結婚し子供をもうけ、自分の人生を終わらせたのだと思う。

 

俺の背負ってるテーマは他人から簡単に見えて、軽く見えて、でも当の本人になれば、それは難解で苦しいもので、それを誰にも理解して貰えず、1人で苦しまなければならない過酷なテーマであった。

 

尚、結婚が上手くいかなかったり、子供が上手く育たなかったりする理由は、自分のテーマを片付けずに、運命のいたずらで結婚や子供という終止符を打ってしまったからだ。

 

人間には、生まれもって責任をもって片付けなければならないテーマがある。

たとえ俺みたいに持たざる者でも、テーマがある。

 

この世界、世の中、摂理、仕組み、しかと解明させて貰った。

 

宿題は終わりだ。

 

はぁ・・・

 

それにしても永かったなぁ・・・

 

これでようやく俺の人生も、余生になるよ。

 

poco