読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pocoの人生奮闘記

poco人生の奮闘を綴ったブログです。このpoco野郎!(笑)

銭湯に行ってきました!

最近毎日10,000歩以上あるいてまして、足腰が結構痛んでいたので、今日は久し振りに銭湯に行ってきました!

 

めちゃくちゃ気持ち良かったです(*^_^*)v

 

まだ体がホカホカしてます。

 

僕のアパートから一番近い銭湯は、昔ながらの銭湯です。

小さいながらも露天風呂もあり、460円で楽しめるとても良いものだと思います。

 

ただ、風呂上りにドライヤーを使わないと、まだまだ頭が寒いですね(笑)

 

今日はよく眠れることを祈ります。

 

poco

チャンピックス投与3日目

今日でチャンピックス投与3日目となった。

明日から禁煙である。

というか、あと2時間で禁煙である。

俺は自分が変わりたいと思った。

結婚もしたいと思っている。

変わらなきゃ駄目だ。

3月は禁煙もダイエットも成功させる。

絶対成功させてやるんだ。

あと2時間、たっぷりタバコを吸って、これでピリオドとする。

 

poco

チャンピックス投与2日目

今日は0.5mgを2回投与した。

喫煙は明日までということになる。

今のところ、やめる実感が無い。

こんなのでやめれるのかと思ったが、考えてみれば、先延ばしにしても結果は同じ様に思える。ならば、やはり区切りの良いところでやめる方が良い気もするなぁ

心の準備というものがあるが、いくら準備しても成功しなかった。

もう十分にやってきた様にも思われる。

もうやめたいという気持ちにも、うんざりしてくる。

やめると決めたらやめればいい。ただそれだけだ。

周りがどうとか、過去がどうとか、もう十分だ。

ただ、やはり親の教育というか育て方には、問題があったと思う。

俺がこれだけ社会に出て駄目なのは、育った環境や育て方に問題があった筈なんだ。

それは親が悪いというより、俺が他の子供より、著しく弱かった為、親が強く育てることが出来なかった。だから親が悪いということではないんだよなぁ

親は精一杯やった。しかし、たばこはどうだろう。このこととは関係ないか?

いや、ある筈だ。

親にあーしろこーしろと言われて育った子供は、大人になってから自分のしたいことが判らなくなるという。

俺はどうだったかなぁ もうよく思い出せない。

しかし、俺が育った環境は、ちょっと特殊だった。

小学校の時に、教室でテレパシーが使えたことがあった。

但し、それは双方向ではなく、俺の頭の声が一方的に相手に伝わり、かつ、それが聞こえる人と聞こえない人がいた。

そしてそのことを暴いた女の子は、すぐに転校になった。幼馴染の女の子は、それは言っちゃいけない事だと言っていた。

幼き記憶だ・・・

俺はおかしくなる様な環境で育ってきた。

統合失調症を患うのも、無理ないと思っている。

blogもtwitterも匿名にしているのに、親や友人は見ている。しかもクラウドの内容までみられている。

俺には子供の頃からプライバシーというものが無かった。もう馴れたけどね。

これらのことが、タバコを吸う理由ではないのか?

まともな環境で育つことが出来なかった俺が、タバコを吸うのは必然ではないのか?

皆が皆、恵まれた環境で育ってきたわけではない。

俺は他人から見れば恵まれている様に見れて、その実は悲惨な人生だった。

にも係らず、誰からもそのことを理解して貰えず、お前は恵まれているよと言われる、この辛さは、誰にも理解して貰えないでいる。とても辛いことだと判って貰えない。

この世界で一番必要なのは、理解者なんだと思う。そしてお金。

俺のこの先の人生には、人並みの幸せは無い。

結婚も無いし、子供も無い、彼女も出来ないだろう。

生きていてもしょうがないと思ってしまう。

今は恨みが減ったが、親の事をもっと恨んでも良いのではないかと思う節もある。

俺がこうなったことには、親が強く影響しているのは間違いないんだ。

と同時に、俺の素材自体に問題があったのも間違いないんだ。

俺は発達障害という程ではないが、発達が遅い気がする。

きっと一生かけて発達をしていくのだろうと思う。

とにかく、ちょっと普通の人達とは違うみたいだ。

別に精神病にまでならなくても良かった気もする。

障碍者にまで落ちる必要もなかったかなぁとも思う時がある。

しかし、もう選んでしまった以上、この路線でいくしかないのだろうなぁ

昔みたいに仕事に対して、求めるものが無くなってしまっているのも事実。

嫌ではあるが、年金を貰いながら、就労継続支援Aで働いて、一生を終えるのも無難かなぁとも思い始めている。

何故なら、就労継続支援Aから一般就労をして、失敗してまた就労継続支援Aに戻った時には、年金が無くなっているからだ。

困った制度だと思う。必要な時に必要な年金がすぐに支給されないのは、この国の福利厚生に問題がある様にも思う。

ただ、俺は場所を選べば普通に働けると思ってる。その面では年金の支給がされないのも、正しい結論の様には思うが。

ながなが綴っているが、これは明日からの禁煙の心構えをはっきりさせる為であり、特に意味は無い。

俺の気持ちが固まりさえすれば、上手くいく筈なんだ。

過去も未来も現在も、統合失調症も糖尿病も、許せない過去の連中も親も、みんな関係無い。

俺は俺の意思でタバコをやめるという選択をする。そして成功させて自信をつけたいと思っている。

タバコを吸わず、痩せていて、健康でありさえすれば、きっとこの哀しい世界も楽しい明るい世界に変わる筈なんだよな。

様は俺次第。俺次第で世界を変えることが出来るんだ。

その為には、どうしても禁煙を成功させなくてはならない。

前回は1週間の禁煙に成功した時、俺は少しだけ世界を変えることが出来た。それを忘れることが出来ない。

だからどうしても、もう一度、禁煙を成功させ、この世界を変えてやるんだ。

自分で自分の為に選択する。そして成功させる味を覚えたい。

きっと人生はもっともっと楽しい筈なんだ。

あと30年は人生を楽しみたい。

その為に、足かせとなるタバコをやめて、健康になって、もっと幸せになるんだ!

俺はもっともっと幸せになりたいんだ!

だからやるんだ。俺が俺の為にやるんだ。

やるんだよ。

 

poco