読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pocoの人生奮闘記

poco人生の奮闘を綴ったブログです。このpoco野郎!(笑)

覚悟について

毎月たばこ代で27,000円かかっている。

 

毎日2箱、440円だ。

 

しかし、実際はたばこ代に喫茶店代も上乗せになっている。

 

たばこを止めたら、マックの100円で済むからだ。

 

実質、たばこを止めると、毎月50,000万弱がかからなくなる。

 

親の援助をたばこ代に捨てている。

 

どうにか出来ないものか・・・

 

スパっと止めれないものだろうか・・・

 

今は止めようと思うんだ。

 

しかし、毎回必ず朝になると考えが変わり、吸ってもいいじゃないかとなってしまう。

 

毎回だ。

 

何故だ?

 

何故こうなる?

 

お金の為にたばこを止めるのは、十分過ぎる理由だと思ってる。

 

俺は自分の健康の為にたばこを止めようとは思わない。

 

他人に迷惑をかけるから止めようとも思わない。

 

実際、止める理由は、お金の為である。

 

でも考えが変わる。

 

喫煙席は、いつも人で一杯だ。

 

これだけニーズがあって、これだけ吸ってる人がいるなら、自分も吸っても問題無いと考えてしまう。

 

実際そうだと思ってる。

 

俺は一度決めたことを貫き通すというクセが無い。

 

決まったことを、やっぱり止めたといって、覆してしまう。

 

そのクセがついている。

 

これはクセだと思う。

 

だから、簡単に安請け合いをしてしまうのだ。

 

仕事でもそうだ。家族との間でもそうだ。友人との関係でもそうだ。そして自分自身との約束でもそうだ・・・

 

俺の一番直さなくてはいけないところは、この簡単に変えてしまうところではないだろうか?

 

人間として、社会人として、最も駄目なケースの様にも思える。

 

一番駄目な奴だ。

 

ならば、俺は明日から禁煙すると誓うか?

 

それをまた破るか?

 

破るんだろ?どうせ。

 

どうせお前は誓いを守れないんだろ?

 

なにかもっともらしい理由をつけて、どうせまた吸うんだろ?

 

なんでそんな簡単に折れてしまうんだ?

 

なんでそんな簡単に止めてしまうんだ?

 

それは覚悟が無いからだよ。

 

覚悟が決まってないのに、ほいほい頭だけで考えて始めてしまうんだ。

 

それも大事な時もある。覚悟が云々言ってる場合があったら、行動に起こす必要があることも重々知っている。

 

しかし、誓いに対しては、覚悟をもって守らなくてはならない。

 

約束に関しては、守らなくてはならない。

 

それが出来ないなら、約束をしてはならない。誓いをたててはならないのだ。

 

で、どうする?

 

お前は明日から、たばこを止めるのか???

 

poco